天鳳イベント

洋泉社杯天鳳位ピンキリマッチと映画秘宝と仁義の墓場

天鳳位本の出版に喜ぶ関係者の太平をぶち壊すイベントが開催された。そう、人はそれを「天鳳位ピンきりマッチ」と呼んだ。果たして結末は、天鳳位本とはなんなのか?

キクタさん
そこの兄ちゃん、元気が出るええもんあるよ。対局前に一本どう?
タケオ
ヒロポン?わしゃあいらんのう。肉食うてきたけん(赤犬のだけどな)
ママ
はいはい。仁義無き戦いごっこはここまでにして、先に進んでちょうだいな。あと、そろそろツケを耳を揃えて払ってくれない?わかった?聞いてる?

最高のメンツを集めた最低の大会

そう、人はそれを「天鳳位ピンキリマッチ」と呼んだ。

天鳳位の格付けをする禁断のイベント。勝ったらピン天鳳位の栄誉を得るが、負けたらキリの汚名を一生背負わないといけない。まさに悪魔の対局だ。こんな試合にノコノコ参加するお人好しは、そういるまい...と思われたが、やっぱりいましたね(絶句)

どこかのバカが(爆薬)を持ってくるさ

「タワーリング・インフェルノ」で消防士役のスティーブ・マックイーンが自虐的に発したセリフを思い出した。結局、本人が燃え盛るビルの最上階に爆薬を持っていきます。バカだけどカッコよかったです。

天鳳位ピンきりマッチとは?

もともとは天鳳攻略本の執筆に関わった天鳳位達による記念対局だった。ある人物の軽はずみな発言のせいで、ラスを食らった天鳳位がキリ天鳳位という不名誉、つまりイモを引く羽目になってしまったのだ。

話が違う!そんなの聞いてねー!
だが、もう遅い。賽は投げられた。恨むならヤツを恨め!

キリ天鳳位発言

問題のキリ天鳳位発言(元ネタは「幻に賭けろ」)

おかげでお祭り気分がすっかり台無しになり、シャレにならない仁義無き抗争へと発展したのであった。

おのれ、人◯フル◯ンツ!よくもこんな理不尽な舞台に引きずり出してくれたな。許さねーぞ(ΦωΦ=)

とにかくキリ認定だけは勘弁願いたい。他人がどうなろうと知ったこっちゃない。どんな汚い手を使っても勝っちゃるけんね。麻雀は戦争じゃけん。

そんな断腸の思いで挑んだ対局だが、なんとかキリ回避できた。これで一安心。

タケオ
結果は2着。いや~、まいっちんぐマチコ先生でした

洋泉社の映画秘宝

ここで話は突然変わる。

天鳳位ピンキリマッチはニコ生で放送された。福地さんが僕のことを「日本のヤクザ映画が大好きな人がしゃべりそなことを書いてたけど、分量の都合でカットした。」「タケオしゃんは映画マニア」と紹介してくれた。

たしかに、うちには天鳳本の版元である洋泉社の本がたくさんある。というか、ずっと前から洋泉社のファンであった。その洋泉社と仕事ができたのは大変嬉しく思う次第である。

映画秘宝

蔵書の洋泉社本の数々。かなりマニック

話の続きに戻ります。読者サービスに「ラス回避何切る問題」の一部カットした文章を公開することにした。校正の赤入れのお手本にもなるから、参考にするといいよ。

ラス回避何切る問題の校正

天鳳攻略本の校正風景

いろいろあったが楽しく仕事ができた。満足。感無量。原稿料も出たし見本も3冊もらえた。洋泉社は規模は小さいかもしれないがかなり良心的な版元だと思う(僕は、映画秘宝のファンでもある)。加えて、福地さんの本作りの熱意もハンパない。紙質にまでこだわるとか普通はありえない。サラリーマン編集者だとここまではやらない。編集者のおねーさんが(予算を)渋るのもわかる。

見返しを省くことで折り合いを付けたようだが、経理や資材関係者、印刷所に頭を下げてた姿を想像すると胸が熱くなる。まあ、おかげで良い本が出来たから編集者冥利に尽きると思う。たぶん、そう。きっと、そうだろう。

まとめ~天鳳のエッセンスが凝縮

本は本日全部読み終わった。ゲーム攻略本と銘打っても恥じない内容だ。こだわりと人件費がまっとうに反映されている。
天鳳のエッセンスが凝縮された本書は堂々とおすすめできる。コストパフォーマンスも高い。

個人的には、というか自分も関わっているからなのだが、「鳳凰卓で勝ち抜くための天鳳位訓」は鳳凰卓以外の人にも読んでもらいたい。8人の天鳳位による鳳凰卓で戦うための思いや心得が綴られている。熱いソウルを感る。読んで損をすることは絶対にない。必読。

おすすめ麻雀本

G・ウザク

三才ブックス

-天鳳イベント
-, ,

© 2020 麻雀ブログ!勝負は下駄を履くまで