天鳳雑記

僕が天鳳で自動理牌機能を切る理由~わたしの彼は左きき

左手

こんにちは、タケオしゃんです。

僕は左利きです。読み書きと箸以外は左手をメインに使って生活してます。

マウスも左手で操作します。普通にパソコンを使う分には支障はないです。でも、天鳳を打つときは面倒な問題が発生します。

左手でマウスを操作する時の悩み

悩みとは、こうです。

不要候補になるであろう字牌が右側に寄る

自動理牌機能をONにしてるからなんです。

左で打つ関係上マウスカーソルは左寄りに置きたい

不要牌の字牌が右側にストックされる

左端から右端までマウスを移動するのが大変

天鳳は左利きにとって操作しづらい設計になっています。ツモるたびにいちいち手牌がソートされるのも、なんとなく気持ち悪い。

許可無く、勝手に動くんじゃねえ!

という気持ちになります(なるのか?)。

やっぱり、ツモ牌はあるべき場所に、自らの手で移動させたほうが、気持ちがいい。毎日新しいパンツを履き替えるくらい気持ちいいです。

右利きの人にとっては、どうでもいいこだわりなんだけど、僕は自動理牌機能は切ってます

自動理牌機能を切って適度に牌を挟み込む

次の画像は、自動理牌機能を切って打った時の一例です。

わたしの彼は左きき1

わたしの彼は左きき2

適度に牌を挟みこむことで、手牌構成を把握しやすくなります。もちろん、切り牌候補を左側に置いておくことで、素早く切ることができます。

孤立牌を安全度の高い順に並べる

他には、孤立牌を安全度の低い順に並べて、切るタイミングを計ったりします。安全度が変化したら入れ替えます。手の内に安全牌が何枚あるのかを把握しやすくなります。

マウスで牌を移動するのは面倒な作業かもしれないけど、役立つことも多いし、リアル麻雀の感覚も少しは味わえますよ(笑)

まとめ

左利きでマウス移動が辛い人は、自動理牌機能を切ることを試してみてはどうでしょう?

右利きの人にもメリットはあると思います。まあ、別にしなくてもいいけど(ΦωΦ=)

では、また~

【追加】

画像を2点追加します。

・チートイツ1シャンテンの時は、候補牌を3つ並べておきます。実際、わかりやすい。
七対子1シャンテン

 

・並び順も自由自在。リアル麻雀の雰囲気を醸し出してる?
自動理牌機能を切った時の手牌例

おすすめ麻雀本

G・ウザク

三才ブックス

-天鳳雑記
-,

© 2021 麻雀ブログ!勝負は下駄を履くまで