プログラミング 麻雀ツール

配牌のシャンテン数をシミュレートしてみた

投稿日:2015年4月10日 更新日:

当サイトによるJavaScriptとHTML5で遊ぶ麻雀小粒プログラミングの記事を紹介します。

12view
第一ツモをツモった時のシャンテン数をシミュレートする
第一ツモをツモった時のシャンテン数をシミュレートしてみた

ただいまシミュレート中... 前回の記事に続いて、第一ツモをツモった場合のシャンテン数をシュミレートしてみます。 シミュ ...

配牌を取った時のシャンテン数はだいたいどのくらいになるか気になったので、1000回配牌を取り出してシャンテン数の割合を集計してみました。手順は次の通りです。

配牌のシャンテン数を集計する手順

配牌のシャンテン数を集計する手順

シミューレーション結果

集計対象は通常手のシャンテン数のみで、国士無双とチートイツは含まれていません。次表は10回繰り返した結果です。

結果-表

結果-表

結果-グラフ

結果-グラフ

まとめ

こんな感じです。ちなみに平均シャンテン数は3.768でした。結果は、あくまでシュミレーションによるものなので、実数値との差異は出ると思います。参考になればというノリでお願いします。

タケオ
記事ページで操作して確認できますよ。興味がある人はやってみてね

実際にシミューレーションできます

関連リンクJavaScriptとHTML5で遊ぶ麻雀小粒プログラミング


最後まで読んでいただきありがとうございます!ブログランキングにクリックしてもらえると、今後のはげみになります。

おすすめベストセラー麻雀本

何切る問題集の決定版です。スタンダードな問題から難問まで、実に300問の何切る問題が収録されています。何切る脳を鍛えるのにもってこいのテキストです。

G・ウザク

三才ブックス

G・ウザク

2017-07-27

三才ブックス

-プログラミング, 麻雀ツール
-, ,

Copyright© 麻雀ブログ!勝負は下駄を履くまで , 2018 All Rights Reserved.