プログラミング

麻雀プログラミング講座 │ 点数練習計算機作成への道2

投稿日:2010年11月19日 更新日:

前回の「符と翻数を決まった範囲内で出力するプログラム」の続きです。今回は、問題を作成して利用者が回答した点数をチェックするプログラムを作ってみます。

動作の確認は、サンプルページをご覧ください。

点数計算練習問題を作成するプログラム

・JQueryの組み込み

・JavaScriptコード

・HTML画面
点数計算の問題

今回は問題を作成、正解まで計算します。あらかじめ正解はテキストボックス(input class:tensu-kekka)に書き込みます(81行)。[回答チェック!]ボタンがクリックされたら、利用者が入力した回答(input class:tensu-kaitou)正解(input class:tensu-kekka)の値を比較(86行と87行)して、それぞれの処理を行います。
ほんとうは点数計算の部分は、回答と正解の値の比較時に行ったほうがスマートだと思いますが、こんな方法もあるということで^^;

正解の場合

正解の場合

不正解の場合

不正解の場合

今回はここまです。点数計算の問題は出上がりまでですが、ツモ上がりも基本は同じです。私もこのプログラムをたたき台にして点数計算練習ツールを作ってみたいと思います。

ではでは~


最後まで読んでいただきありがとうございます!ブログランキングにクリックしてもらえると、今後のはげみになります。

おすすめベストセラー麻雀本

何切る問題集の決定版です。スタンダードな問題から難問まで、実に300問の何切る問題が収録されています。何切る脳を鍛えるのにもってこいのテキストです。

G・ウザク

三才ブックス

G・ウザク

2017-07-27

三才ブックス

-プログラミング
-

Copyright© 麻雀ブログ!勝負は下駄を履くまで , 2019 All Rights Reserved.