麻雀本

ネマタ本2に関する私のつぶやきまとめ

2014年11月12日

ネマタ本2出版前

公募の何切るアンケートを解いた頃のつぶやきです。 ※つぶやきの時系列が逆になってます。ご注意を。

  • アンケートの趣旨がネマタ度を計る
  • 想定ルールが天鳳と異なる

以上を踏まえて、ネマタさんになったつもりで問題を解きました。 ネマタ本2に関するつぶやき1

アンケート回答中のつぶやき(抜粋)

ネマタ本2出版後

出版後「正解率があああああ!!!」という読者の叫びが聞こえた気がしたような、しなかったような(笑) 読者の主戦場のルールによって押し判断が変わるのはしょうがないと思いました。天鳳の場合だと引き気味な回答になると思われるので、むしろ不正解の方が幸せになれるかもしれません(ΦωΦ=;) ネマタ本2に関するつぶやき2

ネマタ本出版後の感想とか(抜粋)

というわけで、次回は天鳳鳳南想定ルールでネマタ本2の何切るに再チャレンジしようと思います。 たぶん、というか絶対に正解率は下がると予想します。どんな結果になるか、楽しみですね^^;

追記とまとめ

ネマタ本に関するつぶやき3

いかがでしたしょうか?

送り手の考えを学び、よく噛み砕いてしっかり吸収する。そして自分の環境に適応させていく

つまり、そういうことです。


最後まで読んでいただきありがとうございます!ブログランキングにクリックしてもらえると、今後のはげみになります。

おすすめ麻雀本

G・ウザク

三才ブックス

-麻雀本
-, ,

Copyright© 麻雀ブログ!勝負は下駄を履くまで , 2019 All Rights Reserved.